診療方針


平成3年1月今博多町産婦人科として開業し、21年目を迎えます。
平成8年5月、現在地に渕レディスクリニックとして新築移転し、早17年目になります。
平成18年6月1日、当院移転後5,000人目が生まれました。
元気な産声は、おかあさん、家族にとっても、また私達にもホッと心なごむ瞬間です。
大病院ではできないアットホームな雰囲気で、患者さん一人一人に、
安全で快適な満足いくお産、安心して受けられる診療、
またいかにして親と子が真に出会える場を作りださせるか、を心掛けています。

医師1名、助産師6名、看護師7名をはじめスタッフ一同により、細やかな温かい環境を大切にしています。
『自然分娩』をモットーに、外来での個別指導、母親学級、両親学級、さらにマタニティービクス、
母乳外来などを通して、マタニティーライフをサポートしています。

長崎大学病院、長崎市民病院と連携をとり、
緊急時にも即座に対応できる体制をとっています。
今まで以上に皆様のニーズに応えられるよう頑張っています。

下の文字をクリックしてください。

ドクターより
助産師・看護師より

ホーム